きもの安全・安心推進会議とは

設立主旨

きもの安全・安心推進会議は、和装を支える生産体制を維持し、消費者が安心満足して楽しめるきもの市場を創っていくために、3つの“安心スローガン”を掲げ、下記記載の「きもの安全・安心宣言」を実行するための組織です。

3つのスローガン

産地への安心
川上である産地が安心して物づくりができる環境を整える
消費者への安心
価格や販売方法等、消費者の不信感を払拭する
業界人への安心
業界で働いている人が安心して働ける環境づくり

きもの安全・安心宣言(9項目)

  • 1.買い取り比率を上げサプライチェーン全体で産地への利益配分を増やす。
  • 2.全ての取引について契約書、発注書、請求書、納品書等により書面化する。
  • 3.長期手形、延べ払い、歩引きを順次廃止する。
  • 4.委託販売、販売員派遣を含めた販売コストをそれぞれが応分に負担する。
  • 5.お客様に対し、わかりやすい価格・品質表示を徹底する。
  • 6.お客様に対し、根拠の無い二重価格表示をしない。
  • 7.お客様に対し、販売意図を隠した勧誘をしない。
  • 8.お客様に対し、お客様が強引と思ったり、圧力を感じる販売をしない。
  • 9.お客様にとって、安全・安心でない不適切な業者・コンサルタントとは取引しない。
    (不適切とは、和装商慣行改善17 条に背く行為を続けることを指す)

概要

きもの安全・安心推進会議の組織概要です。

名称 きもの安全・安心推進会議
設立 令和元年11月8日
所在 〒600-8009 京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地
京都経済センター6階 一般社団法人全日本きもの振興会事務所内
TEL(075)353-1100 FAX(075)353-1101
代表 議長  房本伸也(近江屋株式会社)
役員 2019年11月8日~2021年3月31日
議 長  房本伸也(近江屋株式会社 代表取締役社長)
副議長  宮階有二(宮階織物株式会社 代表取締役社長)
副議長  佐々木英典(株式会社福田屋呉服店 代表取締役社長)
理 事  青柳蔵人(株式会社青柳 代表取締役社長)
理 事  奥澤順之(株式会社奥順 代表取締役専務)
理 事  西村聡一郎(西村織物株式会社 代表取締役社長)
理 事  小澤達也(大松株式会社 代表取締役社長)
理 事  小玉元章(丹羽幸株式会社 代表取締役会長)
理 事  上達功(株式会社丸上 代表取締役社長)
理 事  宝子山賢祐(株式会社松屋 代表取締役社長)
理 事  矢嶋孝敏(株式会社やまと 取締役)
監 事  辻本泰弘(西陣織工業組合 専務理事)
登録 240社(令和2年2月12日現在)

沿革

平成27年 1月
経産省主催の研究会として「和装振興研究会」を発足
平成27年11月
研究会の報告を受け「和装振興協議会」を新たに発足
平成29年 5月
和装の持続的発展のための商慣行のあり方(17条の指針)を発表
平成30年 9月
きものサミットin京都にて、BtoBから商慣行について宣言
平成30年10月
きものサローネin日本橋にて、BtoCから商慣行について宣言
平成30年11月
和装商慣行改善協議会にて「きもの安全・安心宣言」をまとめた
平成31年 3月
きもの安全・安心推進協議会の準備会を立ち上げ
令和 元年 6月
きもの安全・安心推進会議への参加登録募集開始
令和 元年11月
きもの安全・安心推進会議の設立総会を開催